FOD動画ファン

FODの動画情報や無料トライアルなどの使い方を紹介していきます

FODでは「海月姫」の動画が無料です

FODならドラマ「海月姫」の動画が無料で視聴できます。このページではFODを使ってドラマ「海月姫」の動画を無料で視聴する方法とその見どころを紹介していきます。ぜひご活用ください。

FODで「海月姫」の動画を無料で見る方法

FODでドラマ「海月姫」の動画を無料で見る方法は「1ヶ月間無料キャンペーンでFODに登録する」だけです。

1ヶ月間無料なのでその間に解約すれば料金は一切必要ありません。

公開されているドラマ「海月姫」の動画は全て視聴できるうえ、登録も簡単で3分もあれば完了するので試してみて下さい。

[PR]

⇨FODでドラマ「海月姫」の動画を無料で視聴する

海月姫の動画1話の口コミ「展開の早い恋ばな」

ドラマでは女性の輝くドラマではなく影の部分にスポットを当てたドラマで今までにないドラマですごく見応えがあった。何の闇があってここまでこのような人生になったのか2話以降も気になるような展開でこの先恋などどうなるか気になる1話だった。

工藤阿須加がすごくインテリキャラがあっていて今までにないキャラであったのですごくよかったと思った。すごく真面目な人柄の裏に隠された何かがきっとあると思うのでその演技とともにそのような変化も気になるので楽しみだ。

海月ちゃんが初めて工藤阿須加が役をしている弟に恋をし、次に工藤阿須加が海月ちゃんに一目惚れし会いに行ったら別人で気色悪いと言われ消沈したところでまた会ってと展開の早い恋ばなしでこれからの展開がものすごく気になるものであった。

最初のシーンがやはり印象的であった。ペットショップのようなところでクラゲを眺めての子には絶対に一緒にしてはならないクラゲが入っているのを懸命に伝えるシーンは一番最初のシーンとしてすごくインパクトがあってよかったと思う。

海月姫の動画1話の口コミ「驚きと爆笑の連発」

とにかく個性的な「天水館」の住人たちに驚きと爆笑の連発でした。それぞれの個性が引き立ちまくっていて、演じているキャストの方の中には存じ上げなかった方もいたのですが実力者ばかりだなと感心し、次回以降がとても楽しみになりました。

内田理央さん演じる「まやや」が好きです。個性派ぞろいの「天水館」の住人の中でもひと際テンションが高く目立つ存在で笑いが止まりませんでした。三国志に影響されまくりの話し方が忘れられなくなるくらい中毒性のある魅力的なキャラクターだと思います。

芳根京子演じるヒロインの「倉下月海」が渋谷に耐え切れず帰宅したエピソードは面白かったです。私も人混みが嫌いなのでフラフラと人にぶつかりながら渋谷を歩く月海に共感しつつ、応援しながら見ることができたので楽しかったです。

工藤阿須加さん演じる「鯉淵修」が「倉下月海」を後ろから抱きしめるシーンが印象的です。爆笑シーンがたくさんあった中で、瀬戸康史演じる「鯉淵蔵之介」も含め恋愛の要素も垣間見えたので楽しみの幅が広がったワンシーンで、今後が楽しみになりました。

海月姫の動画2話の口コミ「蔵之介の劇的ビフォーアフター」

(女性30代) 2話も尼ーずが騒がしくておもしろかったです。蔵之介の劇的ビフォーアフターでみんな変身したのに、千絵子だけがそのままという…。爆笑でした。天水館取り壊しという事でピンチですが、みんなあまり真剣に考えてないというか、現実逃避してますね。だからニートなのでしょう。その分、蔵之介の行動力がハンパじゃないですね。億でも買うって、さすがお坊ちゃんな発言ですが、蔵之介が言うとやれそうな気がしてきます。今後の展開が楽しみです。

蔵之介がキレイすぎて、男前すぎて、大好きです。美人女装にはうっとりして、普通の男姿だとカッコ良くて、とにかく瀬戸康史さんを見てドキドキする1時間でした。出てくるたびに衣装が変わるので、1話分で何度も楽しめます。サラサラロングが特に素敵でした。

ラストの月海がウエディングドレスを着てみるごっこをしていたシーンが幻想的で良かったです。すごくキレイで見とれました。映像的にも美しかったです。この月海を見て蔵之介がドレス作りを思いつくという、今後の展開にとっても重要なシーンだと思います。

海月姫の動画2話の口コミ「文化祭の前夜のような雰囲気」

(女性30代) 天水館の面々が、排水管の修理費を稼ぐため、月海のデザインしたくらげのぬいぐるみを作っているシーンがよかったです。まるで文化祭の前夜のような、雰囲気を漂わせ、おそらくそんな青春時代を過ごしていない尼〜ずにとって、新鮮な楽しさだったのではないかと思います。こうして1歩ずつ、外に目が向けられたらいいなと思いました。

「海月姫」2話の登場人物で好きなキャラは修です。水族館での1件に大混乱している月海が可愛いの一言に尽きる始まりから、一転、普段の月海の姿を見ても、自分が想いを寄せているあの女性と同一人物と気づかない修のぼんくらっぷりもコメディらしい面白さを漂わせている点がとても面白かったからです。

「海月姫」2話の好きなエピソードは、月海が部屋で1人「ウェディングドレスを着ているごっこ」をしている所です。その時の、神秘的できれいなくらげっぷりの月海に思わず見とれてしまったからです。蔵之介もそんな気持ちで月海をみていたのでしょうか。